フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

2010/10/22

10月 22nd, 2010 | Posted by nishizakarie in osusume

今日は目の疲れに関するアロマの話。

目の疲れは、パソコンや細かい作業などからくる疲れと、白内障などの眼病からくる疲れとに分かれます。

ここでお話するのは前者の話。

細かい作業を長時間集中的に行っていると、目の奥が痛むことがありますよね。

これは目の周りの筋肉が収縮することからくる血行不良の痛みです。

こんなときは、アロマを使って筋肉を解してあげましょう。

目の疲れにはラベンダーが良いといわれますが、私はローズマリーをお勧めします。

仕事中などはなるべく集中力は切らせたくないですよね。

ローズマリーには血管を広げて血流を良くする作用や神経強壮作用があるため、目の疲れにはまさしく最適。

お水を張った洗面器にローズマリーを2滴いれ、タオルを浸します。これを絞って目に当てれば気分転換にもなりますし、精油の効能も受けることが出来ます。

私は仕事に行き詰ったときは、この方法を良くやります。

そうするとすごくスッキリシャッキリして、また頑張るぞっていう気分になれます。

試してみて下さい。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">