フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

2010/10/26

10月 26th, 2010 | Posted by nishizakarie in osusume

今日は動悸がするときに利用したいアロマの話。

たまにふと胸が苦しくなって心臓がドキドキしたりすることはないですか?

病院にいって検査しても異常が見つからないときには、それはストレス性の動悸です。

そんなときに利用していただきたい精油はサンダルウッド

この精油は和名白檀と言われ、日本ではお香として有名です。

サンダルウッドはインドが原産の植物で、インドの伝承医学アーユルヴェーダでは心臓の薬として使われていました。

強心作用を持つ精油としては、他にはないのではないでしょうか。

心臓の弱い方、動悸の激しい方は、サンダルウッドを夜寝る前にお部屋に焚くことをお勧めします。

ゆっくりと深呼吸しながら香りを吸い込んでください。

重厚な香りが体全体を包み、動悸をやさしく治めてくれます。

※心臓に異常を感じたときには、必ず医師の診断を受けてください。
アロマはあくまでも治療の補助となりえるものであって、それ自体が治療効果を持つわけではありません。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">