フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

2010/11/15

11月 15th, 2010 | Posted by nishizakarie in osusume

今日は吐き気がするときに利用したいアロマの話。

吐き気にはいろいろな原因がありますが、ここではストレス性の胃炎からくる吐き気について記載します。

自分の中でどうしても消化できない部分があって、それが運悪く胃腸障害となって現れてしまった場合、その原因を特定して排除することが

重要なのですが、そうはいってもそんな簡単に事が進むわけはないので、せめてアロマで吐き気や胃痛を鎮めストレスに悲鳴を上げている

こころとからだを休ませてあげましょう。

使う精油はプチグレンベルガモット

この精油を各1滴スイートアーモンドオイル小さじ2杯の中にいれ、トリートメントオイルを作ります。

それを胃の辺りに塗りやさしくマッサージしてください。

お子様の場合には、小さじ2杯にベルガモット1滴で十分です。

気持ちが悪くなってきたなと思ったら、この方法を取り入れると徐々に吐き気も治まります。

試してみて下さい。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">