フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

水疱瘡

12月 15th, 2010 | Posted by nishizakarie in osusume

水疱瘡はウィルス性の感染症であり、大抵子供の頃に発症します。

水疱瘡にかかったら医者に行くのは当然ですが、それと並行してアロマテラピーを行うと

疱瘡部分の痒みはある程度緩和できます。

使う精油はゼラニウム真正ラベンダー

これで塗布スプレーを作ります。

作り方はいたって簡単。スプレー容器に無水エタノール3mlとゼラニウムを3滴、ラベンダーを7滴入れます。

よくかき混ぜたらスプレーの口まで精製水を入れます。これで完成。

これを水疱瘡の箇所に毎日スプレーするだけ。

お医者さんのお薬をしっかり飲んで、このスプレーをこまめにすればかゆみや傷もひどくならずにすみますよ。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です