フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

関節炎

1月 24th, 2011 | Posted by nishizakarie in osusume

寒さが厳しくなってくると、ひざや手首などがしくしく痛み始めます。

これは関節を動かす潤滑油が少なくなってきているサイン。

潤滑油が少なくなってくると、稼動域が狭くなり、無理に動かそうとすると痛みが出ます。

痛みが出たなと思ったら、関節を冷やさず、急激な動きは極力避けるほうがよいでしょう。

このような慢性の関節炎にはアロマテラピーを利用してみましょう。

使う精油はジュニパー精油。この精油はジュニパーベリーと呼ばわれる黒い小さな実から抽出されます。

ヒノキ科に属する植物なので香りもとってもスッキリ。

この精油には、関節の潤滑油製造を促進し稼動域を広げる作用があるため、痛む箇所に使えば徐々に痛みが和らぎ稼動域が広がってきます。

使い方はいたって簡単。

ホホバオイル小さじ1杯に精油1滴を入れまぜるだけです。

お風呂上りに利用すれば温浴効果も加わり効果はもっと上がります。

ぜひ試してみてください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">