フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

耳鳴りがするとき

3月 22nd, 2011 | Posted by nishizakarie in osusume

今日は耳鳴りに関するアロマについての話。

耳鳴りは、体が原因というよりもストレス負荷からくるものが多いようです。

耳鳴りを放置すると突発性難聴などに移行してしまうので、おかしいなと思ったらすぐに耳鼻科を受診してください。

これと併用してアロマテラピーを取り入れれば、耳鼻科の治療をうまく補うことができると思います。

耳鳴り初期には、とにかく安静にすることが必要です。

あまり気にせず、ゆっくりと好きな本でも読みながら静かな時間を過ごしてください。

この時に傍に置く精油はベルガモットがお勧め。

ベルガモットは、鎮静作用の高い酢酸リナリルと、気分爽快感を促すリモネンという成分がバランスよく含まれていますので、

耳鳴りで気分がめいっているときにはぴったりです。

これをスイートアーモンドオイル小さじ1杯に1滴入れて、朝、晩、耳の後ろにやさしく塗りこんでください。

夜はティッシュに精油を落として枕元に置くことをお勧めします。

ただくどいようですが、あくまでも耳鼻科の治療を補うものとして使ってくださいね。

西洋医学と自然療法を上手に使ってこそ、病気の完治は早まるものなのですから・・・。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">