フランス式アロマテラピーで心身のケアを!
Header

NO!「脱法ハーブ」

7月 17th, 2014 | Posted by admin in 未分類

近ごろ「脱法ハーブ」「アロマリキッド」などと呼ばれるドラッグが話題となりましたが、本物のアロマやハーブを扱っている業者や使用者までもが「それって合法なの?」などと言われることが増え、とても迷惑しております。

私たちの取り扱うハーブやアロマ(アロマテラピー)はそもそも法に触れるものではなく、違法も合法もありません。

脱法ハーブと本来のハーブの違い

ハーブという言葉には狭義から広義まで様々な定義がありますが、一般的には「香草」「薬草」と言われるものがそれに当たります。私たちの扱う「ハーブ」は植物そのものが持つ自然の成分、芳香成分や呈味成分、色素成分や栄養素などを美容や健康に役立てるものです。また、植物から芳香成分のみを抽出したもの(エッセンシャルオイル)を使用する自然療法をアロマテラピーと言い、一般にそれが「アロマ」と略されています。

これに対し、脱法ハーブとは木片や葉に大麻や覚醒剤などの違法薬物と類似した成分を吹き付けたものです。これを吸引や服用を目的として販売するのは元々が違法であって、お香や芳香剤として使用する前提で販売するために、「ハーブ」や「アロマ」という名前がつけられて流通しているというのが現実です。脱法ハーブ、アロマリキッドは、私たちが使う本来の意味での「ハーブ」「アロマ」ではありません。

また、私たちの扱う「ハーブ」「アロマ(エッセンシャルオイル)」は自然界に存在する100%天然の植物(または植物成分)であり、人工的に合成された成分は一切含まれておりません。

ダメ!脱法ハーブ

リンクバナーにお使いください


私たちを含め、植物の持つ力を人のために役立てていきたいと真面目に考えているセラピストの皆さんが受けている誤解を解くため、このページを作成いたしました。ブログやWebサイトなどからこちらのページへリンクしていただき、本来の意味のアロマやハーブを正しく普及する活動にお役立ていただければ幸いです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.